オタクですがママ業やってます

絶賛、子育て中の甘党・コーヒー派、BL好き。子育て情報・趣味など綴ります。

産後ママがダイエットをする時に必要なたったひとつのこと

そろそろクシャミがとまらなくなってきて、口の中の痒みまで感じるようになった乃宇留です。イヤな季節になりました。いや、春は好きなんですけどね・・・。

 

さてさて。下の子が4歳を過ぎた今、もう「産後」というと怒られるかも知れませんが、産後ママのダイエットについて。

 

産後ママがダイエットをする時に必要なこと

これはズバリ「心の余裕」だと思います。

 

産後のママって、初めての育児で四苦八苦! 睡眠時間が全然足りない! 試行錯誤の日々! とにかく、疲れる!!! そして癒しがなかなか見付からない・・・。

 

自分時間も作れない中、どうやってボディをケアするよ!

 

と思いませんか? 第二子、第三子出産後だと、上の子の世話をしながら、乳児の世話ですよ。ウチなんて、魔の2歳児を世話しながら、夫単身赴任で乳児を育てていました。ムリだよ! 余裕なんてゼロだよ!!

 

働いている人は、仕事&育児です! まぁ、まだ、外へ出る分、見られている、という意識があるのでボディケアに気が向きますが・・・。

 

・眠りたい
・悩みを打ち明けたい
・心身共に疲労困憊

 

こんな状態じゃぁ、自分の体をケアしよう、なんて思いませんよね? 自分のボディケアに意識が向けられるようになるには、心の余裕が必要だと思うんです。

 

いつから心の余裕が持てる?

では、いつ頃から心の余裕が持てるようになるか。これは、子供の成長に関わってくると思います。

 

本能だけで、泣き、飲み、眠る0歳児
怖さを知らず、不完全ながら歩き回り、活動範囲が広がる1歳児
魔の2歳児
ギャングの3歳児

 

この間はムリだと思います(私はムリだった)。やっぱり

 

天使の4歳児

 

ここまでくれば、余裕ができる! そう思います。4歳児になれば

 

・会話がだいぶ上手くなる
・我慢、譲り合い、ルールを理解する、ということができるようになる
・簡単なお手伝いができるようになる
・食べる、顔を洗う、歯を磨く、トイレに行く、着替えるといった身の回りのことができるようになる
・絵本を読む、おままごと、ドリルを解くなど、一人で過ごすことができるようになる

 

こうしたことができるようになります。親も、かなり「手が離れるようになった」と感じられると思います。

 

こうなってくると、睡眠時間を確保したり、ママも自分時間を持てるようになります。そうなれば、心に余裕が出てきますよね? ちょっと自分のために時間を使おう、と思えますよね?

 

また、4歳になれば幼稚園に通っていますよね? ママが昼間、一人になる時間も取れますよね。

こうなってくると「本気でダイエット!」ができるようになると思います。

 

心に余裕ができないうちの食事制限ダイエットは逆効果

一番てっとり早いダイエットって、食事を制限するダイエットだと思います。

 

・間食をゼロにする
・カロリーゼロ食品を間食に使う
・炭水化物を減らす
・外食を減らす
・ジュースを止める
・夕食をスムージーなどに置き換える

 

糖類や脂肪って、動物が本能的に欲するものです(エネルギー源になるものなので)。
これらを食べると、脳は快感を感じ、もっと欲しい! と感じるのです(動物が生きるための本能ですよね)

 

糖質も甘味も薬物依存と同じ作用をすることが動物実験などで明らかになっています。快感を求めて甘味や糖質の摂取を求め、次第に摂取量が増え、摂取しないとイライラなどの禁断症状が出てきます。ラットの実験で、コカインよりも甘味の方がより脳内報酬系を刺激するという結果が報告されています。つまり、甘味はコカインよりも中毒(依存性)になりやすいという実験結果です。

<引用元>糖質と甘味は中毒になる | 大和薬品株式会社

 

※糖や脂質は非常に効率よくエネルギーを得られる大切なものです。野生では、動物は常に飢餓と戦う環境下にあり、糖や脂質を求めて、それらを好んで食するものでなければ生きていけませんでした。だから、決して、糖や脂質が悪いワケではないし、それらを好んで欲するように体ができているのはふつーのことです。

 

食事制限をすると、この「快感を得る機会」が減る上に「我慢する!!」というストレスが掛かります。ストレスがかかると、イライラしますよね(^^;)

 

自分の時間も取れない、思うようにならないことが山積、親としての責任を感じつつ、さらに快感を得る機会が減り、我慢を強いられる。

心が折れて、反動で自暴自棄になったりしませんか?

 

心に余裕がないうちは、食事制限ダイエットはかなり厳しいです。

 

心に余裕ができてから、本気で取り組もう

なにを甘いことを・・・と思うかも知れません。でも、年齢を重ねてきて、代謝能力も落ち、「昔はもう少し、あぁだった、こうだった・・・」と思うようになってくると、結構、ツラくなることも多いんです。

 

なので、物事に優先順位を付けるようにしてはどうでしょう? 育児や仕事、家族のこと。こうしたことを優先して、自分のことは「とりあえず、後で」にしてしまいましょう。

 

そして、子供が天使の4歳児になり、それなりに自分時間を作ったり、心に余裕が出てきたら「よし!!! やるぞ!!!」と本気ダイエットモードに自分を切り替えてください。

 

食事制限ダイエットだと「永遠に食事制限しつづけないと、太る」ということになります。これ、絶対。

 

・摂取カロリーをコントロールする
基礎代謝をあげる
・運動して脂肪を落とす

 

女性は、皮下脂肪が付きやすくて、皮下脂肪は落ちにくいのが特徴です。なので、必ず「脂肪を落とす」「エネルギーを消費する体にする」という作業が不可欠です。

 

本気モードになったら、食事をコントロールして、運動をする。こうしたダイエットで体重を戻していきましょう。

 

もちろん、モチベーションを上げるために食事制限からスタートをしてもいいですが、バランスのいい食事(炭水化物を少し減らし、タンパク質とミネラル分を多く摂る食事にすると、体重が減りやすいですよ)で健康的に痩せていきましょう~。

 

オマケ:酵素は摂ってもほとんど痩せない

 

30代半ばになり、酵素ダイエットとやらに手を出したことがあります。でも、痩せませんでした(笑)。ただ、私としては

 

体内に存在する歯車。その歯が欠けていてスムーズに回っていなかった歯車が、生酵素とやらを飲むようになって、欠けた歯が補われ、スムーズに歯車が回るようになった感じ。

 

PMSが気にならなくなってきた。

 

この2つが実感でき、イイと感じました。

 

PMS

月経が始まる1~2週間ぐらい前から起こる、イライラ、腹痛、眠気、頭痛などのさまざまな不快症状。月経がはじまると消えるこのような症状を、PMS(プレ・メンストラル・シンドローム月経前症候群)といいます。PMSには、排卵後の女性ホルモンの変化が関係していると考えられており、多くの女性が悩んでいます。

 

<引用元>辛い生理前症候群(PMS)の症状と治療方法|生理用品のソフィ

 

私が飲んでいた生酵素

 これです。飲みましたか?確認シート&シールがあって、飲み忘れ予防ができてよかったです。

 

でも、今は

 こちらを飲んでいます。私としては、こっちの方がなんとなく好きです。この辺は、本人の感覚次第(笑)。半年ずつ、飲み続けた結果、こうじの方が私は好き。

 

体調がいい、と感じられる&お通じがよくなったと感じる

 

この2点で酵素サプリメントはいいと思います。ダイエット目的というよりは、不足している触媒を補充して、若いときに近い体内状態を維持しよう、としている。と考えた方がいいかもしれません。

 

だから、酵素サプリを摂りながら、運動し、摂取エネルギーをコントロールする。これが大事かなぁ、と思います。