オタクですがママ業やってます

絶賛、子育て中の甘党・コーヒー派、BL好き。子育て情報・趣味など綴ります。

特保や機能性食品、サプリメント、安心安全なのはどれ?効果が信用できるものはなに?

先日、NHKで食品の表示に関する特番が放送されていました。テーマとなっていたのは「特保」と「機能性食品」でした。

 

特保や機能性表示食品というのは、消費者庁のHPで次のように説明されています。

健康や栄養に関する表示の制度について | 消費者庁

特定保健用食品
からだの生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含む食品で、血圧、血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、おなかの調子を整えたりするのに役立つ、などの特定の保健の用途に資する旨を表示するものをいいます。

機能性表示食品
事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

 

今や、コンビニやスーパー、ドラッグストア、ありとあらゆる所で、サプリメントやトクホ、機能性食品、サプリメントなどを見かけますし、簡単に購入することができます。

 

それぞれ、健康管理に役立つキャッチコピーや、美容やダイエットに効果があるように思える魅力的な広告フレーズが踊っています。

 

ネットでは効果が絶大だった、というような口コミもたくさんありますよね。そうした内容を見ない日はない、といってもいいでしょう。

 

んが、ぶっちゃけ、これらって全部ウソと思っていていいんですよね。かなり激しい意見ですけど(^^;)

 

明確な効果を謳って販売していいのは、薬だけなんですよね。莫大なお金と、長い試験期間と、膨大な実験データを提示して、長い審査を経て国に認められた薬だけが、直接的な効果を謳って販売できるんです。

ダイエットできる痩せ薬と言われるような薬も実際はあるんです。明らかな効果がある、と明確に認められたものがあるんです。ただ、使用方法を誤ると多大な副作用などがあるので、必ず医師の診察を受け、医師が処方しなければならない、と判断した時に限り、治療のために用いられるもの、とされています。

 

では、どうして「トクホ」なんてものがあるの? と思いますよね。やっぱり、健康管理は多くの人が興味を持ち、健康維持を望むんですよね。でも、薬でないと効果を謳って販売できない。それでは企業にとっても、消費者にとってもメリットがありません。

 

なので、一定の基準をクリアし、効果に関する裏付けデータをちゃんと提示できるなら、規制の範囲内で効果を宣伝してもいいよ、という風に設けられたのがトクホ。

 

薬ほど明確な裏付けデータはないけど、ウソじゃないよ。一定の効果は認められる、と国が確認しましたよ、というのがトクホです。

 

なので、トクホであれば一応、効果を期待しても大丈夫。ただ、トクホとして販売する許可を得ていながら、その許可を得たものと違うものを販売していた(効果があるとされる物が一定量以上、ふくまれていないものを販売していた)というケースもあるので(^^;)100%トクホを信用することはできませんけどね・・・。

 

薬よりはハードルを下げた、国が認めた効果を期待できる食品がトクホ。

 

ではでは、機能性食品は? と思いますよね。これは、ぶっちゃけ、タダの食品と思ってOKです。いや、そう思っていた方が精神的な被害や「損した!」と後悔することがないかも。

 

機能性食品というのは、企業が「自称・効果有り」と言っている食品です。本当にその効果があるのかどうか、という点について、国は確認していません。全部、販売しようとしている企業が自己申告しているだけなんです。

 

自分達の見解では、効果がある! そう言っているんですね。そんなの信用できるか! と思うかどうか、それは消費者の考え方・受け止め方次第。

 

そんな、信用できるかどうか解らないもの、安全性が解らないものを販売させるなよ! そう思うかも知れませんが、それはそれで大丈夫なんですよ。

 

は? なにが大丈夫なの? そう思うかも知れません。そこには「食品衛生法」という法律が関係してきます。

 

食品衛生法では、人に害を与えるような食品は販売できないことになっています。そりゃ、そうですよね。企業は、その食品衛生法を守って食品を製造しているハズなんです。

 

ですから、企業はまず、安全なもの(危険な食品)は製造していないんです。もし、製造したら、食品衛生法違反でタイーホです。

 

で、安全な食品を、どうやって販売するか。ここで、表示の仕方・宣伝の仕方が関わってきます。

 

そう、機能性食品として販売したいなら、その根拠を示してチョ。ということになる訳で、その根拠を示す方法は、結構、ハードルが低め。

 

トクホなんかより、ハードルが低いので、数多くの企業が「普通の食品と差別化するために」機能性食品として、ある一定の根拠を示した上で、効果を宣伝しているのです。

 

機能性食品は、危険はないのですが、効果を期待できるかどうか。それは貴方次第。そうなっているわけです。

 

(根拠として示される論文や試験データも、そこに示されている内容を、公平な立場の複数の人間が、専門的な知識を持ってチェックし、精査した内容とは限らないんですよネ)

 

というわけで、美容やダイエット、病気の予防などについて効果を期待できるのは、まず、薬。ただし、これは医師や薬剤師の診察や助言が欠かせません。

 

で、次はトクホ。こっちは、薬ほど明らかではないけれど効果について、国の審査基準をクリアできるだけの根拠がある(信頼できる)もの、と言えます。

 

そして、簡単に安く手に入る機能性食品。これは、信じるかどうか、それは貴方次第! ウソじゃないけど、まぁ、フツーの食品と思って買って、体に合っていたり、貴方が期待した効果が得られたら超ラッキーね。と思っておくといいですよ。

 

とりあえず、市場に出回っている正規の食品は「企業が食品衛生法を守って販売しているもの」のハズなので、食べて深刻な健康被害を受ける危険は低いでしょう。ただ、劇的な効果を期待できる食品というのは、まぁ、ないと思っていていい。そんな感じですね。

 

先日閉鎖になった某大手健康情報サイトの件、続けたら死ぬよ! と医師が警告するダイエットなど、情報が氾濫していて、ナニが正しいのか判断し難い世の中になっています。

 

消費者の知識や勉強力が試されている、と言ってもいいかもしれませんね。

 

健康の秘訣は、やっぱり、規則正しい生活と適量の食事、運動です。楽して・・・好き放題して・・・というのはムシが良すぎると思っていた方がいいですね。

 

私も「今日は102歩歩きました」なんてエモパーに言われないよう、意識して運動し、お菓子をボリボリ囓りながら原稿作成する、という日々を改善しないといけないですね・・・。

 

 こうしたものは、「同じ利用するなら、特保の方がいいかも?」くらいに思って活用すると精神的なダメージが少なくて済むと思います。

 

そもそも、健康は一人一人、食生活も運動習慣もストレス度合いも全然違ってきます。便利グッズで生活を改善できると嬉しいですが、みんながみんな、安価で楽に手に入るもので一斉に健康改善・美容・ダイエットなどに効果を得られると思います?

 

思い入れし過ぎないように、そして情報の真偽を見極めるためにも、冷静に間を置いて考えられるようになりたいですね。