オタクですがママ業やってます

絶賛、子育て中の甘党・コーヒー派、BL好き。子育て情報・趣味など綴ります。

ガッツリ叱るし、褒めるのも下手な私がやっているただひとつのこと

よく「叱らない子育て」って聞きます。が、アレは絶対、私にはムリだと思う。

 

自宅で仕事をするようになってから「早く、早く!」という朝は減りましたが、それでも朝も、夕方も、夜も、アレコレ子供の行動に口出しするし、締切前の切羽詰まっている所に「構って!」と上の子に甘えられて「今、ママお仕事中でしょ!」と雷を落とすこともしばしば。

 

夜、寝ている子供達を見ながら

 

「言い過ぎたなぁ」
「もっとのびのびとさせてあげればいいんだよなぁ」
「細かいことは言わなくても、自力でなんとかするのを見守ってあげればいいんだよなぁ」

 

などなど。アレコレ思って溜め息を吐くこともしばしばです。

 

褒めるって言っても、「凄いね!」「頑張ったね!」「できたね!」「できなかったけど、もうちょっとだったね!」など、言葉が限られていて、上手く褒めてあげられないし。

 

これじゃぁ、子供の心を満たせないよなぁ、とこれまた溜め息を吐くことがしばしば。でも、そういう「足りていないなぁ」と思うことを補うために私がやっていること。それは

 

「大好きだよ~」(ギューッと抱っこしながら言う)

 

これです。とにかく、抱っこしてギューッってして「大好き」と言う。こうすると、スキンシップと「ママにとって貴方は大事な存在」ということが伝えられると思うんですよね。

 

ただ、子供ってクセ者で(^^;)

 

「泣いてる私のこと、好き?」
「怒ってる私のことは?」
「ワガママ言って、ゴメンナサイって言わない私は?」

 

こんなことを聞いてきます。オイオイオイ! と思ったんですけど、そんな時も

 

「大好きだよ。宝物だよ。困ったなぁ、ママ残念だなぁ、って思うことはあるけど、でも、ママはあなたが大好き。宝物だよ」

 

と答えて「いいところも、困ったところも、全部含めて大好き」と伝えています。

 

頑張っているから好き・・・という訳ではなく
勉強できるから好き・・・でもなく
一番になれたから好き・・・というのでもない。

 

あなた自身、ぜ~んぶが好き、と言ってギューッと抱っこする。これだけは忘れないようにしています。

 

叱るし、褒めるのが下手だし、イライラした時は落とす雷の数が増える。そんなダメなママですが、それでも「好き」と伝えることだけは忘れない。そうすることで、子供の心を満たせるのではないか。そう思っています。

 

それに、私が癒されるしね。長女は随分と固くなっちゃったけど(^^;)、保育園児の次女はまだまだ柔らかくてフニフニで、ちっちゃくって、ちょっと汗臭いのがいい♪

 

 

このシリーズは「こうしないとダメ!」というような、上から目線の育児書じゃないので好きです。イラストも可愛いし、時々、笑っちゃうこともあるし。これならできるかも、と思えるアドバイスがあって好きです。こうした、ちょっとしたママの心の寄りどころになる本があると、心が少し楽になりますよね。