読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクですがママ業やってます

絶賛、子育て中の甘党・コーヒー派、BL好き。子育て情報・趣味など綴ります。

保活や小一の壁から解放される【自宅で稼ぐ】という方法

腐女子のママ業

会社に就職して働く。

 

仕事をするといえば、これが一般的ですよね。ですが、育児中の人(特に女性)の場合、子育て中というだけで就職・転職が難しいのが現実ですよね。

 

・今、働いていないけど仕事をしたい
・保活でつまずき、退職した
・転職して、育児・家庭を優先したいと思っている

 

こうした人は、フリーランスで働く、という選択肢を考えてみませんか? 私は小一の壁が越えられなくて退職しました。が、今はフリーランスという形で自宅で仕事をしています。フリーランスで働く、という働き方を紹介します。

 

フリーランスは、自由度が高い働き方

フリーランス、という言葉は聞き慣れないかもしれません。私も初めは「ナニ、それ?」でした。

 

フリーランス(英: freelance)は、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。略してフリーと呼ばれる。企業から請け負った業務を実際に遂行する本人をフリーランサーと呼ぶ。

Wikipediaを見ると、このようになっています。身分は【個人事業主】で、フリーで(企業などの団体に縛られること無く自由意志で)仕事を請けることを、フリーランスといえばいいでしょうか。

 

【関係する書籍】

スキルゼロ主婦がすきま時間で月10万円稼ぐ クラウドソーシングで簡単在宅ワークサラリーマンの副業やシニアにも! impress QuickBooks

レッツ在宅ワーク!子育てママが自宅で好きなことで稼ぐための方法。10分で読めるシリーズ

 

サラリーマンが自宅で空き時間に副業で稼ぐのがフリーランス、とんな風に思うかもしれませんね。 

 

いつ、どこで、だれと、どんな仕事をするのか。これらを自分で全て決められる、自由度の高い働き方がフリーランスの特徴です。

 

なんだか詐欺のような文言ですが(^^;)、こうした仕事は実在します。そして自宅で誰でも始められるように環境が整ってきています。

 

育児中・家庭や育児を優先しながら働きたい! という方には、向いている働き方だと言えます。

 

フリーランスのメリット

フリーランスという形で働くことのメリットを挙げてみますね。 

 

・自宅で働ける
・請ける仕事を自分で選べる
・請ける仕事の量を自分で決められる
・働く時間を自分で決められる
・仕事をいつストップするか、スタートするか、自分で決められる

とにかく、全部、自分で決めることになります。自分が社長の会社を経営する感じですね(法人設立はせず、個人事業主という形で仕事をします)。

 

【参考書籍】

カラー版 マンガでわかる 個人事業の始め方

 

フリーランスのメリットは、育児中の女性には大きな魅力

先にメリットを列挙しましたが、これらは育児中の女性にとって大きな魅力ではないでしょうか?

 

・保育園を確保できなくて幼稚園に子供を通わせているけれど働きたい!
・子供が病気で保育園を休む(会社を休んだり、病児保育、ベビーシッター代が必要)
・小一の壁が越えられない
・登園禁止、出席停止の病気になって一週間以上子供が休む

 

こうしたことは、多くの働く女性が経験していると思います。

 

仕事を休まざるを得ない、できる仕事が限定される、会社内で肩身が狭い、キャリアを諦めなければならない、精神的なストレスが大きくなる、睡眠時間が限られる・・・

 

本当に胃が痛いですよね。ですが、フリーランスのメリットを見ると、こうしたことから解放される! と思えませんか?

 

私には小学生と保育園児の子供が居ます。小一の壁を越えられなくて退職しましたが、15時に帰宅する子供と机を並べ、宿題チェックをしながら仕事をしています。

 

保育園は「居宅内就労」という形でOKでフルタイムで預けています。退職せざるを得ない状況に陥ったものの、もっと気楽な形で働けていて、日々、仕事・家庭・育児・自分時間それぞれが充実しています。

 

フリーランスのデメリット

メリットしかない! なんていうことは、なかなかないと思います。やっぱり、デメリットはあります。

 

・仕事を請けないと収入ゼロ
・営業、仕事、サポート、会計など全てを自分でやらないといけない
・収入が安定しない
・福利厚生サービスはない
・確定申告を自分でする必要がある
・報酬の回収を自力でしなければならない
・仕事の報酬額が安定しない
・クレジットカードを作りにくい

列挙してみると、結構、たくさんデメリットがありますね。大きいデメリットは「収入が安定しない」「報酬回収を自力でする」「クレジットカードが作れない(社会的信用が低い)」というのは、イタイと思うかもしれません。

 

自分で仕事を探し、仕事をして納品し、報酬を自分の口座に振り込んでもらいます。しかし、納品後、直ぐに報酬を振り込んでくれる人は少なくて、大体が翌月や翌々月に口座に振り込んでくれる形になります。確実に振り込んでもらえるのか?! 振り込んでくれなかった場合の督促は?!

 

ちょっと尻込みしてしまうかもしれません。こうしたデメリットを知った上でフリーランスという道を考える必要がありますね。

 

クラウドソーシングサイトを活用すれば、デメリットが減る

メリットは大きいけど、デメリットもイタイ!! そう思った方に朗報です。今はクラウドソーシングというサービスがあり、スキルも経験も無くても今、すぐにフリーランスで仕事をスタートできる! という素晴らしい現実があります。

 

クラウドソーシングサイトとは、仕事を依頼したい人と、仕事をしたい人を引き合わせてくれるサイトです。仕事探しが楽なんですよね。

メッセージやファイルのやり取りも簡単ですし、依頼者がそのサイトにお金を振り込んでから仕事をスタートするので、報酬をもらいそびれるリスクが減ります。

 

【有名なクラウドソーシングサイト】

 

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

クラウドソーシングなら日本最大級の「ランサーズ」

「クラウドソーシング」サービス【Craudia(クラウディア)】 by i2i

国内最大級のクラウドソーシングサービス「CROWD(クラウド)」

在宅ワークの求人募集、お仕事で稼ぐならシュフティ

 

こうしてみると、結構、いろいろありますよね。登録は無料でできるので、とりあえず登録してみて仕事を探してみるといいですよ。実際にできそうな仕事がたくさんあるクラウドソーシングサイトで実績を積んでいけばいいですね。

 

私は「ランサーズ」で仕事をしています。

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

たまたま、ココに最初に登録し、なんか、そのまま続けています。こちらは一定の実績を積めば福利厚生サービスがあっていいんですよ!

 

www.lancers.jp

この福利厚生サービスが大きな魅力で、私はランサーズで仕事を続けています。励みにもなっています。 

 

多分、相性があると思うんですよね。どのクラウドソーシングサイトがいいか。自分で覗いてみて選ぶと楽にフリーランスという働き方をスタートできますよ。

  

飲めるデメリットはどれ?

 

フリーランスという働き方は、育児中の女性、家庭や育児を優先しながら働きたい女性に向いている働き方だと思います。

 

全てをゼロからスタートするのは大変なので、クラウドそーシングサイトに利用者登録し、できそうな仕事を探すところから始めると楽です。本格的に始まる前に「どんな感じかな?」と覗き見(本を立ち読みする感覚)で利用者登録するのもいいと思います。

 

ただ、フリーランスで働くことにはデメリットもあります。メリットとデメリットを比べてみて、飲みこめるデメリットを見極めながら、働き方を考えるといいと思います。

 

 

 

 

h-wool.hatenablog.jp