読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクですがママ業やってます

絶賛、子育て中の甘党・コーヒー派、BL好き。子育て情報・趣味など綴ります。

2017年の家計簿は「ノート」にする・・・ではなく、やっぱりエクセル

いやぁ、もう、連日、風邪・胃腸炎・学校行事・保育園イベントに追われている乃宇留です。これだけ流行が早いと体が追いつきませんね。夫も胃腸炎で倒れるし、義両親が泊まりに来るし。てんてこ舞いですよ~。

 

さてさて・・・。この時期になると来年のスケジュール帳や家計簿が気になりますよね。

 

 

h-wool.hatenablog.jp

 

来年のスケジュール帳はyPad7に決めて、チマチマ書き込んでいるんですけどね。家計簿をどうしたものか悩んでいました。

 

・市販の家計簿は欄が気に入らない(どうも、しっくりこない)
・使い勝手がイマイチで続かない
・市販の家計簿を付けても欲しいデータがパッと出てこない

 

こんな不満があるんですが、どうすりゃいいのよ?! と途方に暮れて・・・結局、貯金通帳を記帳して年間通して黒字になってる、ということを確認する数年でした。

 

来年はどうするかなぁ? とぼんやり考えながら本屋に入ったらですよ

 

【書きたくなるお金ノート】著者 づん
ISBN-10: 4835628985
ISBN-13: 978-4835628981

 

こんな本を見付けました。パラパラと立ち読みしてから、面白そう! と思って購入。いやいや、「いつ、なにをいくらで購入したのか、方眼紙に書くだけ」という家計簿に感心しました。面倒といえば面倒なんですけどね(笑)

 

 

www.instagram.com

(著者のインスタグラム)

 

 

www.instagram.com

 

最初に、毎月必ず出て行く支出と、収入を書いて置いて、あとは現金・クレジット・ポイントなど、何で購入して、いつ支払いだろうが「お金を使った時に、なににいくら使ったか書き残していく」という方式で記録していきます。

 

スーパーで食料品を購入したら、なにをいくらで購入したか、全部、書き出します。これを続けると「いつも自分が買う物の底値が解る」ということで、節約できます。

 

www.instagram.com

 

また、購入したものを「食費」「外食費」「ガソリン」「特別支出」など、自分好みの項目で分けて集計すれば、何にどれだけお金を使ったか、自分流に把握できます。これは面白い! というわけで、2017年は書きたくなるお金ノートを参考に家計簿を自作したいと思います。

 

 

でも、集計が面倒なのでエクセル活躍

 

でもね。やっぱり計算が面倒なんですよ。電卓叩くのがイヤ。間違うし(笑)。だから、ルールはこの本に従いつつ、エクセルに入力することにしました。

 

エクセルなら、集計が楽ですからね。別シートに購入した物を全部書き出し、それぞれを「牛乳」「パン」「米」「魚」「肉」「野菜」「飲料」「お菓子」「外食」「ガソリン」「特別費」などなど。項目分けして、それぞれを集計すればサササッと1ヶ月分の項目別支出を計算できる! 

 

www.instagram.com

 

著者は、こうやって手書きで書き出して集計していますが、私は面倒なので(笑)エクセルで集計することに。 

 

www.instagram.com

 著者の光熱費の記録の仕方を参考に、エクセルファイルを作成。自分流に毎月の光熱費合計や、売電額なんかも書き足してアレンジしたエクセルファイルを作ったんですが・・・。

過去3年分くらい書き出してみると一年通した消費量の増減が一目瞭然で結構、面白い! 

 

参考になった特別予算

 

なんだか、国会の予算編成みたい(笑)。

www.instagram.com

 

自動車税、車検、住民税、固定資産税などなど。ドバッと出て行く日常的でないお金ってありますよね。それは予め「特別予算」として「出て行くことを想定しておく」という考え方に目から鱗。

 

事前に年間通して「大きな額が出て行くであろうと思われる項目」を頭に入れておくと、貯金などを考える時に毎月の収支と混同せずに整理できるなぁ、と思いました。

 

 

考え方は、簿記、かな?

 

この本を読んで思ったのは「簿記と同じ。会社の経理と同じかな?」ということ。会社の経理は

 

12/1 コピー用紙(消耗品費) ¥500
12/4 レターパック(通信費) ¥360

 

いつ、どういう性質の、どんなものを、いくらで買ったか。これを細かく帳簿に付けていきます。で、帳簿から必要な数字を取り出して計算し、収支などを割り出します。

 

これを家計簿でやればいい。そのためには、市販の家計簿じゃちょっとムリで、とりあえす仕訳帳を作ろうか。という所に行き着きます。

 

確定申告するために、仕事の収支を細かく会計ソフトに入力していた自分が、どうしてこうした基本的なことに気付かなかったんだろうね(^^;)

 

 しばらく頑張って100円ショップのファイルと、A4コピー用紙で記録を残していきたいと思います。いい感じにまとまるといいなぁ。