オタクですがママ業やってます

絶賛、子育て中の甘党・コーヒー派、BL好き。子育て情報・趣味など綴ります。

キムタク擁護? 裏切り者? よくわからないけどキムタクは悪くないと思う私

ジャニーズには正直興味がないし

そもそも芸能人について大した知識がない私です。

スマップが解散した事実よりも、その経済的損失の詳細(たったひとつのグループがどんな影響を及ぼすのか)に興味が少し沸く、そんな感じの乃宇留です。

 

 

citrus-net.jp

 

この記事を読んで、ほほぉ~、と思った。

そして、本当にキムタクが仲間と事務所と天秤に掛ける立場になったのであれば、事務所に残って(大きな後ろ盾を残したまま)コンスタントに仕事をもらい続けよう、という道を選んだキムタクを支持します。

 

むしろ40代の既婚男性ならそうした道を選ぶのが普通ではないのか? と思います。

 

年齢を重ねると新しい挑戦が、体力的にも外見的にも肉体的にも社会的にも難しくなります。

 

色々な意味で「衰えていく」可能性の方が高い自分を冷静に見詰めた時、そして支えなければならない家族を肩に負っている状況下・・・。

 

業界最王手と言えるジャニーズ事務所を飛び出すことを得策とは考えられないんじゃないかな?

 

むしろ、長く業界内に居続けているキムタクだからこそ、社会の冷たい面、業界の怖い面、ファンが自分や家族を何十年も食わせてくれる訳じゃないって解っているんじゃないかな? 生活や仕事について責任負ってくれないもんね。

 

あるいみ冷めた、守りに入っているような、格好悪い選択に見えるかもしれないけど、それが既婚中年男性の選択だと思いました。

 

この記事書いている人の考え方、スッと頭に入ってくるので好き~。

citrus-net.jp

 

これも、まさにそう! と言いたくなる記事で一気に読んだ。

保活に苦労して、小一の壁にぶつかった私は会社勤めを辞めてフリーランスという道を選びました。

 

いま次世代生産たる子育てもしながら知的な社会的責任も負い、なおかつ女性としての人生の追求も同時進行している30代や40代のワーママはメディア的に【超ホット】なのだ。繁殖も消費も納税もし、かつ未来に向けて投資もし、政治的意見も持つ。しかも、これまでになかった”有職女性”という分厚い層として。

 

そうなんだよね。そうなのよ。

一人何役?! って話。

 

家庭と育児と仕事に奔走する女性の選択肢が増えるといいなぁ、と思います。