オタクですがママ業やってます

絶賛、子育て中の甘党・コーヒー派、BL好き。子育て情報・趣味など綴ります。

孫育ては夫婦にとって非常に危険!リスクが高すぎる孫育て依存。

今朝、某TVで「孫育て特集」をやっていました。

 

・孫育てに疲れる祖母

・昔と今の子育ての常識のギャップ

 

このふたつがテーマでした。

 

「さいたま市/孫育てを応援!「祖父母手帳」をご利用ください」

 

こんなのも紹介されていましたよ。

でも・・・孫育てに頼るってリスク大きいと思わないのかなぁ、と素朴な疑問。

ダラダラと書くけど

 

・孫育てに疲れた姑の逆鱗に触れて親権を失いかけた元同僚がいる

・祖父母は高齢で、倒れたら孫育てどころじゃない、

・孫育てに依存しない体制を考えておく必要がある、

・働き方を変える、という考え方も必要かな?

・私は働き方を変えてよかったと思っている

 

ということを書いています。

まぁ、孫育てをお願いできる人ってうらやましいよ。ほんと。

でもね・・・

 

いつまでもあると思うな親と金

孫は来て嬉しい、帰って嬉しいもの

 

そもそもがコレなんだから、孫育てなんて続く訳がないと思うんです。

孫育てに疲れる祖母

これ、当然だと思うんですよ。

 

元同僚がコレが問題で離婚危機&親権を失う状況に陥ってました。

 

夫は休日出勤もする激務の職場

元同僚もフルタイム・土日祝祭日無関係シフト勤務

土日はもちろん、平日も子どもを姑にお願いするのが常態化

(午前6時に呼び出すこともしばしば)

 

孫2人の面倒をみていた姑は、自分の親の介護もやっていて、

週4ペースで通っていた色々な習い事もままならない。

そりゃ「労力と金銭的負担を考えると割に合わない」って堪忍袋の緒が切れますよ。

 

祖父母の手は緊急時の手であって、

基本的に夫婦で家族の問題を解決しなさい。

可能な範囲なら協力は惜しまないけど

祖父母には祖父母の生活があって、それを犠牲にするのは当然ではない。

 

姑から、こう、怒られた、と元同僚が泣いていました。

「仕方がないじゃない。私、そうじゃないと仕事できないんだから」

元同僚は姑が酷い、と嘆いていました。

慰めはしたけれど、完全には同情できなくて・・・(^^;)

 

で、離婚したい、と元同僚は言い、

実際に離婚話が持ち上がったんですが・・・

親権の話をした時に、姑の方が圧倒的に立場が上でした。

 

離婚したら、妻は今の仕事を続けながら子育てができない。

(収入が落ちることが明白&元同僚の親は孫の面倒をみられない→要介護なのね

 

離婚はしていませんが、夫婦揃ってさらなる激務の職場に転勤になり、

姑の手を借りられなくて(仲がこじれたから)

ベビーシッターやファミリーサポートなどもリサーチしていない

利用登録していなくて利用できず、相当、苦労しています。

 

行き詰まるよね・・・。

そして・・・

 

・親は高齢である

・高齢者はガンや脳梗塞などのリスクが高い

・ケガのリスクが高い

・入院すると長期化するケースが多く、体力低下が著しい

・元の生活に戻れない可能性が高い

・ケガや病気になると、要介護状態になる可能性が高い

・老人ホームの確保も難しい今、家が近いと介護をしなければならなくなる

 

とまぁ、こういうリスクがあるわけですよ。

つまり、ある日突然「明日から仕事行けません」になる。

自分の子どもの面倒はもちろん

祖父母の介護(金銭面と労力面の両方)を請け負うことになる

 

これ、非常に怖いことだと思うんですよ。

 

それでも今日・明日の飯を食うために仕事をしてるの!

仕事をするために孫育てを頼んでいるの!!!

 

わかりきったことを言うな、と激昂される方もいると思います。

でもね、リスクはある、と頭の片隅に入れておくといいと思います。

親が倒れる日なんて、ある日突然やってくる。

そして復活しない。どんなに元気だった人でも。

 元のとおり、孫育ては依頼できない。

それが現実です。

 

で、保活が成功しても、小一の壁があり、小四の壁があり、受験がある。

子育てしていると、

夫婦フルタイムで自分が思う通りに仕事を続けられない状態は常に付きまとう

と思うんです。

 

孫育てをお願いできるラッキーな人はその恩恵にあやかるのはいいと思う。

でも孫育てをお願いできなくなった時に

職場に迷惑を掛けない体制を整えておかないといけない、と思うんですよ。

それ、できてます? みなさん?

いや、それができるなら孫育ていらないじゃん、というかもしれませんけどね。

 

 

・全国転勤あり

・夜勤あり

・泊付き出張あり

・海外出張あり

・土日祝祭日無関係、基本連休なし、月8日の不定期休み

 

私の元職場はこんな職場でした。

 

・子どもにカギを持たせ、しばしば一人で家に残す

・病気の時も、子どもは一人で家で寝ている

・子どもは2~3年毎に転校させる

・常に単身赴任状態(家族が揃う時がない)

・中学高校は子供を私立の寮付き学校に入れる

 

こうした方法でキャリアを積み続ける女性もいました。

それくらいの覚悟がないと続けられない職場でした。

 

私にはコレはできません。で、どうしたか、といえば働き方を変えました

 

今、女性が働き続ける援助として、孫育て以外に、

 

子連れ出勤可能な会社

職場に保育園がある会社

 

こうした社会の変化があるのは良い傾向だと思います。

いくら保育園を増やしても、働きたい、働かないといけない女性は、それを上回るペースで増えていくと思います。

保育園じゃ、フォローできないのは目に見えていると思うんですよね。

 

夫婦どちらかが働き方を変える

 

そんな考え方も必要なんじゃないかなぁ、と思います。

まだまだ社会がそうした体制になっていなくて

現実的じゃない! なに甘いこと言ってんの! と思う人は多いと思います。

 

でもね。

 

・車で片道1時間通勤

・隣の市の認可外保育園しか確保できず

・娘2人を1日11時間近く、月20日以上預け

・給料の2/3を保育料につぎ込み、

 

実母と姑と舅の

 

・ケガで要介護

・ガン手術&入院

・脳腫瘍の手術&入院

動脈瘤の手術&入院

・終わらないリハビリと回復しない体力

・終わらない検査通院

 

という経験から考えると、仕事の仕方を変えるのは必要と思うんです。

↑↑↑↑ こうした実母や姑や舅の事件は、ある日突然降りかかってきて、

そして数年にわたって続くんです(現在進行形)。

孫育てどころじゃないですよ。ホント。復活しないんですから。

 

姑は30代の私がかなわない!と思うくらいパワフルで闊達でした。今は、

別人のようにお婆ちゃんになっています。フラフラ歩く姿も危なっかしいんですよ。

TVでよく見る、巣鴨のおばあちゃん達よりもおばあちゃんです。

 

高齢者って、一度倒れると復活しないんです。本当に。

孫育てを頼めている人、

それって、もんの凄く運がよくてラッキーで有り難いことなんです。

 

それを忘れてはいけないと思うんです。

祖父母が孫育てを頑張ろう!!と思える状況を確保し、維持するのと

孫育てができる(健康面と金銭面の)サポートを忘れてはいけないんです。

それを怠ると、元同僚のような状況に陥ると思います。はい。

そうなった時、嫁というのは窮地に立たされます。そんな社会ではないでしょうか。

 

孫育てに頼らない体制を確保しておけば

嫁も強い立場に要られるし、仕事も続けられます。

 

嫁は自分の立場を守るためにも、

孫育てに頼らない道を探しておくべきだと思うんです。

孫育てはリスクが高いよ~。

そう思う私でした。

 

 

そういうお前はどうなんだよ!! と仰られる方がいらっしゃると思いますが、

私、今は自宅で仕事をしています。収入は減りました。えぇ。減りましたとも。

でもね、

 

・子どもに関する出費1/4以下、送迎時間1/6以下

(理由)上の子が小学生になり、保育料ナシ&学童不要。

 認可外に預けて仕事を続けていたお陰で、待機加点が加算されて下の子が認可保育園に入れた

・朝も夜も時間的余裕ができ、私のストレスが激減

・早寝早起きをさせられるようになった(以前は夜8時就寝なんて不可能だった)

・習い事をさせられるようになった

・夫が激務の職場に異動し、ほぼ単身赴任状態だけど、自分の仕事と子育てに支障ナシ

 

こうした、収入以上のメリットが得られました。ぶっちゃけ、

出産と同時に辞めて、自宅での仕事の幅を広げておけばよかったと思っています。

 

こういう考えの人もいるんです。

孫育てをお願いできている人はうらやましい。

でも、それにはリスクがあって、そのリスクは相当デカイと思う。

自分の立場を守るために、女性は孫育てナシの体制を整えておくといいと思う。

そして、夫もそれについて真剣に考えてくれるといいなぁ、と思う。

(嫁がガッツリ稼ぎ、夫が時短勤務とか調整して家事・育児をこなしている友人もいるから、別に嫁だけが働き方を変える必要はないと思う)

 

夫婦揃ってフルタイム勤務。

そうでないと食っていけない、というのもあると思う。

でも、その態勢を維持する方法が「孫育て依存」では行き詰まると思う。

なんらかの方法で孫育て依存脱却を考える、そんな必要があるのでは? と

思っている、という記事でした。