オタクですがママ業やってます

絶賛、子育て中の甘党・コーヒー派、BL好き。子育て情報・趣味など綴ります。

【防災対策】子どもがいるママの防災対策:食品編1

関東大震災が大きな教訓となった防災対策。

東北や九州など地震が続いていますし

関東も首都直下型とかなんとか・・・。

 

子どもがいると防災グッズもいろいろ変わってきますよね。

乳児がいると対策も大きく変わってきますが、

3歳くらいになってくると食べ物については大人と同じでも大丈夫です。

わが家の対策を紹介しますね。今回は【食品編1】です。

 

基本的に1週間分

大人2人・子ども2人(3歳と6歳)の水と食べ物の備蓄を目指します。

ただし、5年間保管可能といったような保存食はごく少量です。

 

<必須アイテム>

・カセットコンロと直火OKの小型鍋

カセットコンロ イワタニ[送料無料]
価格:2480円(税込、送料無料)

まぁ、冬、鍋・おでんで重宝するカセットコンロ。

これさえあれば、お湯は沸かせるし、ラーメンも作れて、レトルト品も温められます。

 

で、わが家の基本はローリングストック法です。 

普段使いのレトルト品や乾麺、乾物を多めに買って置いて数ヶ月おきに更新する方法。

 

 <参考>

www.tablemark.co.jp

 できることから始めよう!防災対策 第3回‐内閣府防災情報のページ

 ローリングストック法の限界値(ローテーション備蓄) | 備える.com

  

・乾麺(ラーメン、そうめん、うどん、早ゆでパスタ、サラダ用パスタ)

・シーチキン、焼き鳥、鯖の味噌煮などの缶詰

・フルーツ缶

・混ぜご飯の素

レトルトカレー

・切り干し大根、干し人参、増えるワカメ

・シリアル

 

こうした、普段よく使う食品で賞味期限が長いものを多めに買い、

保存分はストック用BOXに入れておきます。

 

そして、朝食のパンは↓↓↓を利用しています。

これを2箱買って、1箱は通常食、もう1箱は保存用にします。

賞味期限をみながら1箱は常備するようにします。

 

非常食用のパンって馴染みがなくて、こどもって嫌がりませんか?

普段から食べるパンなら抵抗なく食べられます。

 

 防災グッズ!!!という形で箱に入れてしまうと

箱を開けないで期間が過ぎていきます。

定期的に入れ替えれば良いんですが、それなら普段使いのものでいいのでは?

そのほうが管理しやすいですし、ね。

 

ちょっと多めに買ってストックする。

使った分を補充する。

そんなクセを付けて防災対策してみてはどうでしょうか?